Topics トピックス

  • 2020.12.20

    モンテッソーリ英語教材

    英語指導者必見|読み書きにつながるフォニックス教材 ~魅力的な教材で子供の興味を引き出す~

    【フォニックスとは】
    フォニックスの基本は、26のそれぞれのアルファベット文字(letter)がもつ『音』です。そしてその『音』を足し合わせていくことで単語(word)の読み書きにつなげていきます。

    では、アルファベット文字がもつ『音』とは何でしょうか。
    「a=エイ」「b=ビー」「c=シー」というのはアルファベットの『名前』であって、その文字がもつ基本の『音』とは違います。

    フォニックスの『音』は、「a=ア」「b=ブ」「c=カ」です。
    ※本来カタカナで表記するものではないので、正しい音を表すことができないのですが、イメージだけ掴んでいただきたいと思います。

    【フォニックス学習法の利点】
    では、なぜエイ・ビー・シーといったアルファベットの『名前』で覚えるだけではいけないのでしょうか。

    例えば、「b a g」と書いてあったとします。
    アルファベットの『名前』を当てていくと、「b=ビー・a=エイ・g=ジー」。「ビー・エイ・ジー」…これでは何を表すのかさっぱりわかりません。

    こんどは、それぞれのアルファベット文字がもつ『音』を当ててみます。
    「b=ブ・a=ア・g=グ」。「ブ・ア・グ」「ブァグ」。
    「あ、“かばん” のことか!」と、こちらは何を指しているのか理解することができます。

    【フォニックス学習法と子供の学びのメカニズム】
    フォニックス学習法は、 決められたルールに沿って進めていくだけの、 子供にとってシンプルで分かりやすいメソッドで、その先には「読み・書き」があり、自然とラクにそこに到達できるよう設計されている優れものです。

    子供にとっては、まるでグロック遊びをしているような感覚で、『音』を組み合わせて単語を解読していくという、ワクワクドキドキする体験なのです。

    また、システマティックに手順よく進んでいくこの学習法は、“取り入れた知識を整理整頓しながら物事を覚える” 幼児期の学びのメカニズムと相性が良く、子供たちにとって無理がなく、楽しく学べるのも嬉しいところです。

    【従来の学習法との違い】
    日本の従来の英語教育では、アルファベットの『名前』(エイ・ビー・シー)だけ覚え、文字がもつ『音』には注目しなかったので、単語を覚えるには丸暗記しかありませんでした。

    一方、フォニックス学習法では、英単語のスペルを全て暗記に頼ることなどありません。また、アルファベット文字それぞれの『音』を組み合わせて単語を発音しているわけですから、結果として英語の発音が美しくなるのも特長です。

    【フォニックスの授業】
    《導入》
    こちらのPhonics Alphabetブロックには、子供たちの大好きな要素(透明・小さくてリアル)がたくさん含まれていて、子供たちを「触ってみたい」「もっと知りたい」という気持ちにさせてくれます。

    大文字に付いているのは、小文字とその文字から始まるモチーフ。「a, a, apple」「b, b, banana」という具合いにフォニックス学習に活用できるようになっています。

    《文字を当てる》
    ①Phonics Alphabetブロックに付いているモチーフと、絵カードの絵がそれぞれ一致しているのを確認して、単語を発音します。

    ②ゆっくり単語を発音したときに聞こえてくる、それぞれの文字の『音』を当て、文字カードを置いていきます。「r-i-n-g」

    ③すべての文字が埋まったら、完成した単語(綴り)を読んでみます。「ring」

    【自学ができる教材】
    こちらのPhonicsカードは、付属のマスターピースを使って、子供が自分で学べるようになっています。
    ①描かれたモチーフの単語を発音してみる
    ②『音』を頼りに文字を当ててみる
    ③マスターピースを使って正解しているか確認
    ④誤っていたら修正
    ⑤正解!Good job!

    この記事でご紹介した教材は、Edu Blanc 公式オンラインショップからご購入いただくことができます。

    英語で学ぶ幼児教室英語教材 鎌倉大船校】
    Edu Blanc インターナショナルスクール
    神奈川県鎌倉市大船2-20-29花井ビル3F
    ☎0467-67-4889

  • 2020.12.06

    モンテッソーリ英語教材

    【新発売】英語指導者必見|クリスマスレッスンで使える教材 ~モンテッソーリ教材としても好評~

    【歌から学ぶ】
    いくつかあるクリスマスソングから、 歌から学ぶボキャブラリーシリーズより 『Rudolph the red-nosed reindeer』をご紹介します。

    「歌から学ぶボキャブラリーシリーズ」は、歌詞の意味を魅力的なイラストで「見える化」することで、耳からの情報と目からの情報を同時に獲得していくものです。五感をフルに使って、体験を通して物事を吸収する幼児・学童期の子供たちは、こうすることで面白いようにボキャブラリーを吸収することができるのです。

    学習テーマごとに “歌から学ぶ” スタイルをレッスンの導入として活用すれば、子供たちの興味をグッと惹くことができます。「そのテーマについてもっと知りたい」 という気持ちにつなげていくのがポイントです。

    【アクティビティから学ぶ】
    「Christmas」×「Shapes」

    <Step 1〉 サンタクロースパズルの組み立て
    ①見本(Master piece)を見ながら、同じようにtriangleやcircleなどのshapesを使ってサンタクロースを組み立てていきます。

    ②arms, legs, hat など、ボディーパーツや物の名前をタグ付けしていきます。

    <Step 2〉
    完成したサンタクロースパズルについて、各パーツの形(shapes)に注目します。

    ①パズルのピースを形ごとに分類して、それぞれの台紙に置いていきます。

    ②rectangle, ovalなど、形の名称ラベルを各台紙にタグ付けしていきます。

    【ストーリーから学ぶ】
    英語の紙しばいシリーズより『Where is Santa Claus?』をご紹介します。
    サンタさんがいない!…ということで、shapesを使ってサンタクロースを組み立てていくお話です。各ページでElfが次のパーツを持っているのがポイントで、それがサンタクロースのどのパーツになるのか考えながら進めていきます。

    英語で学ぶ幼児教室英語教材 鎌倉大船校】
    Edu Blanc インターナショナルスクール
    神奈川県鎌倉市大船2-20-29花井ビル3F
    ☎0467-67-4889

  • 2020.10.14

    英語教材

    【新発売】ハロウィンイベントに!『アクティビティで使える絵カード Skeleton Exercise』

    「Can you do this?」
    スケルトンと同じポーズができるかな?
    どの関節をどのように曲げると同じになるだろう……。
    knee, arm などのボディーパーツや bend, touch, cross といった動作を表すボキャブラリーを学びつつ、考える力を育みます。

    《応用編》
    〔リスニング力〕
    絵を見ないで、先生の指示を耳で聞いてポーズをつくる。

    〔スピーキング力〕
    指示をだす側 に回り学んだボキャブラリーを使ってみる。

    〔リーディング力〕
    付属の単語ラベルを使ってイラストの動作とマッチング。

    歌から学ぶボキャブラリーシリーズ『Dry Bones』と組み合わせて使えば、《からだ Body》を学習テーマにしたレッスンプランができあがります!

    英語で学ぶ幼児教室英語教材 鎌倉大船校】
    Edu Blanc インターナショナルスクール
    神奈川県鎌倉市大船2-20-29花井ビル3F
    ☎0467-67-4889